島村楽器 大津パルコ店 シマブロ

島村楽器 大津パルコ店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

大津店ギター講師 李先生が9/9を全部弾いてみた

初めまして!

f:id:shima_c_otsu:20170529170055j:plain


"コードギアス"っていうアニメにだだハマってるギター講師の李です。
もー3回見たんですが、また見てます(笑)

www.shimamura.co.jp


さて、今回はレクティーク 9/9を3台並べて試奏したので感想をブログにまとめます。

アンプはJC-40を使用しています。
各EQは12時にしてあります。

f:id:shima_c_otsu:20170529170210j:plain

9/9

f:id:shima_c_otsu:20170529170315j:plain

まず、同じ音のキャラクターなのに、各機個性があり、似て非なる3台というのが第1印象です。
なので3台持ってても大丈夫(笑)

今回はGAIN・Treble・Bottomはハーフ、VolはOn・Offの差がないくらいで試奏しました。

スタンダードの9/9はMidが強く、エフェクターらしい歪み方という印象でした。

最近はアンプライクなエフェクターが増えて、アンプヘッドを持ち運ばなくても良い音が出せる時代ですが、アンプの歪みってミスタッチがすぐバレるんです。
音の輪郭がハッキリしてるので。
それにピッキングニュアンスに敏感に反応するので、ごまかせない!
困る!
んですが、9/9はある程度ごまかしてくれそうな歪みです。

youtu.be

9/9S

f:id:shima_c_otsu:20170529170332j:plain

9/9Sは、スタンダードと比べてスッキリした印象でした。
大阪のオバちゃん風に言うと「シュッとしたーる」です(笑)
僕は音抜けするな。と感じました。

なので、もし1台だけを選ぶならSにします。

と言うのも、1人とバンドで弾いてる時の"良い音"は違うからです。
1人で弾いてる時の"良い音"は、バンドやと他の音に埋もれてしまい聴こえないことが多々あります。
Treble・Bottomがハーフの状態でこの音ならコントロールが簡単なんじゃないかな?と感じました。

youtu.be

l'9/9

f:id:shima_c_otsu:20170529170347j:plain


l'の9/9は音が1番まろやかでふくよかな印象でした。
僕の好きな音はl'。
このサイズやと小さいボードにも躊躇なく「入れよう!」と思えますね(笑)
スタンダードとSよりも、フュージョンやコンテンポラリーなインストバンドに向いてると思います。
このサイズでTone1つじゃなく、Treble・Bottom2つノブ!シンプルにスゴいです!
何故って音作りの幅が広がるからです!
Tone1つじゃ作れない音が作れるんです。

ペダルの小型化が流行ってますが、裏ブタを開けないとコントロールできないスイッチってありますよね?
これ…現場でコントロールできますか?
おそらく無理でしょう。
l'はフロントにTreble・Bottomあるので、現場で素早く音のキャラをコントロールできるんです。

youtu.be

今回試奏した3台は、コストパフォーマンスが良くて”使える音”のエフェクターです。
がっつり歪んでくれるので、ティーンにオススメです!
気になった方は、是非1度島村楽器大津パルコ店に足を運んで、試奏してみてください。

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.